購入に時にチェックする費用のこと

車購入時の明細に含まれる諸費用って何?

自動車購入時には本体価格以外にも多くの諸費用がかかります。オプションも費用に

含まれていることがあり、メーカー公認品等は値段に入っていてもその他の小さな

小物部品等がオプション代として請求されることがあります。購入時に法廷整備を行う

ことにより費用がかかる場合もあります。素人に分かりづらいのが税金です。本体価格

はもちろん、オプションにも税金はかかります。金額の大きい買い物は消費税が馬鹿

になりません。 日本は走行するものに対する税金が非常に多い国でもあり、1台に対

してやや重複じみた税金がかかってしまいます。排気量に応じて課税額が決定される

通常の税金以外にも取得額が50万円を超える場合に払わなければならない取得税や

重量に応じて課税額が変動する重量があります。取得税は取得額が50万円を超える場合

に必ず払わなければなりません。取得額は主に本体価格+オプション価格の9割のことを

指します。他にも種類やグレード、仕様の他中古の場合は新品時からの経過年数によって

定められます。 重量税もやっかいな存在で、普通サイズの場合だと0.5トン増えるごと

に一年間に払わなければならない税金が5,000円ずつ高くなります。軽いサイズの場合は

一律で3,800円です。