購入に時にチェックする費用のこと

新車か中古車を販売店から購入した際、支払いは車体本体の価格に加えて諸費用が

いろいろとかかります。それも考慮して実際に車を購入する時に提示されていた価格

から上乗せした合計金額を予算として準備しておいた方が良いでしょう。それらの費用

には整備費や部品にかかる費用、自動車取得税などとあります。

また、車を購入する時に販売店に支払わなくてもよい経費もあります。重量税がそれに

あたり、これは支払わないと車検を受けることが出来ないという経費となります。

重量税は車検をあらたに受ける時以外は自動車販売店に支払う必要はありません。

また中古車の場合でしたら車検が残っている車でしたら支払う必要がありません。

重量税は新車の場合は3年分を支払い、車検を受ける時はその有効年数に応じて2年分

か1年分を支払うようになります。この重量税は車の重さによって金額が高くなって

いきます。重量税の支払い方法は普通車の場合は各陸運局、軽自動車の場合は

軽自動車検査協会に印紙を購入して納税を行います。重量税については車検を受けた時

にディーラーや販売店から車検費用に含まれた費用として支払うことが出来ます。自身で

納付を行うと分かりづらいものですが車検の費用として支払う方が支払いがしやすいと

言えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。