購入に時にチェックする費用のこと

自動車販売店で車を購入した場合、本体価格以外にも多くの費用が発生し、本体価格より

諸費用のほうが高くつくということも珍しい事ではありません。税金は特に計算が

ややこしい費用といえます。日本は諸外国と比べ車ユーザーへの課税がとても高くつき、

消費税の他にも自動車税、自動車重量税、自動車取得税等多くの課税を強いられます。

消費税の税率を知らない車購買者はいないでしょうが、この消費税は本体だけではなく、

オプションなどに対してもついてきます。

自動車税は地方税の一種で車の排気量に応じて課税額が決定します。本来毎年の4月に

払う税金ですが、年度中で車を購入した際にも払う必要があります。自動車取得税という

のは取得額が50万円を超えるものに払わなければならない税金で、ほぼ全ての自動車が

対象です。取得額は主に本体価格+オプション価格の9割りがこれに当たり、その他にも

車種やグレードによって上下します。

自動車重量税は国税です。軽自動車の場合は年間3,800円固定で、普通車の場合は1t重く

なるごとに5,000円増えていきます。この他、車庫証明や納車、検査や登録等の作業を

代行してもらった場合には費用がかかります。その他ガソリン代が取られることもあり

、任意保険に入る場合にも各種費用が必要になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。