購入に時にチェックする費用のこと

自動車を販売店で購入した時に、購入者が希望すれば自動車の検査や登録に関する行政

手続きを販売店側に代行してもらうことができます。代行を依頼する場合は、購入者は

販売店側で作成した委任状に署名と押印をするとともに、検査登録費用と呼ばれる料金

を支払います。

通常、自分で自動車の移転登録(名義変更)を行う場合は、申請時に移転登録手数料

(500円)と移転登録申請書の取得代金(100円程度)を支払わなければなりません。

ナンバープレートの変更を伴う場合はその手数料(2,000円程度)も必要となるほか、

自動車取得税が発生する場合は納付するための費用も確保しなければなりません。

販売店に移転登録の代行を依頼した場合は、これらの金額に代行手数料と呼ばれる費用

が上乗せされて料金が請求されます。

また、販売店によっては、検査登録代行業務の中に自動車保管場所証明申請書

(車庫証明書)の取得手続きが含まれることがあります。自分で車庫証明書を取得する

場合は、手数料にあたる車庫証明証紙代を支払う必要があります。証紙代は都道府県

により異なっており、普通自動車の場合は2,500~2,800円、軽自動車の場合は

500~600円が相場となっています。販売店に車庫証明書の取得代行を依頼した場合は、

移転登録代行の場合と同様に代行手数料が上乗せされます。

検査登録代行費用の相場は15,000~30,000円ですが、その費用の大部分は代行手数料で

占められています。

コメント

コメントを受け付けておりません。