購入に時にチェックする費用のこと

車を購入した際には新車でも中古車でも、登録や名義変更がありますので、

ナンバー登録や変更も含めて、業者に依頼するという方がほとんどでしょう。

ただ、引越しをして住所が変わった場合でも、ナンバーを変更しなければならない

ケースがあります。

それは別な陸運局の管区に転居した場合です。

基本的にはその住所に合わせたナンバープレートに変更しなければなりません。

これを、ナンバー変更先の陸運局管区内のディーラーなどの業者に依頼した場合、

新しい住民票や車庫証明がそろっていたとしてもナンバー変更手続き代行費用は2万円

から3万円はしてしまいます。

これを引越し元の業者に依頼すれば、それ以上かかることは間違いありません。

基本的には車検証の登録番号と所有者の住所が変更されますので、ただのナンバー変更

だけでは済まないからです。

しかし、車検と違い車両検査は必要ありませんので、その手続きはさほど難しいものでは

ありません。

まず、住民票、車庫証明を役所や警察署で取得購入します。

次に、車ごと、これらと車検証とともに陸運局に持ち込みます。

この時、オートローン残があり、名義も信販会社なら、その会社の委任状が必要です。

陸運局併設の書類交付代理事務所で、信販会社が陸運局に登録している業者かどうか、

事前にチェックします。

これを怠ると、陸運局では門前払いされます。

自分名義なら何の問題はありません。

次に局内の自動車検査登録事務所で手続きするだけです。

この時プレートもお願いすれば、外してくれる、あるいは治具を貸してくれます。

そして、代金を支払い、新プレートと新車検証を受け取って終了です。

費用はプレート代と合わせ8000円程度です。

コメント

コメントを受け付けておりません。