購入に時にチェックする費用のこと

自動車を購入した際、車両代金やオプション代金、税金、保険以外にかかるのが登録

や車庫証明などの代行費用と購入した車を納車する費用です。

それらを諸費用十呼んでいます。

この中で、購入者が比較的簡単に節約できるのが納車費用です。

これはディーラーなどの販売店から購入者の自宅や駐車場など指定先に車をお届けする

ための費用で、これには届ける人の人件費、多少余裕目に給油しての燃料代、それに

お届けした人の帰りの交通費、プラス販売店のマージンに、先ごろ値上げされた消費税

が載せられます。

その額は販売店によっても異なりますし、当然ながらお届けする距離によっても変わり

ますが、同一または隣接の市区町村であれば5000円前後、その他同一都府県では7000円

から8000円が相場です。

北海道の場合は広いですから例外で、これに実費プラスアルファが乗せられることに

なります。

いずれにしても、もしも、自分で販売店まで車を取りに行くのであれば、自分の往路の

交通費しかかかりません。

ただし、その場合、帰路から自分の車に対する責任が始まりますので、あらかじめ

任意保険や車両保険の契約だけはしておきましょう。

特に、購入直後は運転のなれていない車ですから、事故の危険性は決して小さくありま

せん。

コメント

コメントを受け付けておりません。