購入に時にチェックする費用のこと

自動車リサイクル制度は、2005年1月からスタートした制度で、自動車リサイクル法

という法律にもとづいています。これは、資源を大切にする循環型社会をつくるため、

自動車メーカー、自動車の所有者、関連業者それぞれの役割を定めて、自動車の

リサイクルを推進するための法律です。

自動車のボディには鉄やアルミニウムなどの価値をもつ金属が多く含まれることから、

法律制定前からリサイクルはある程度進んでいましたが、リサイクルしにくい

シュレッダーダストなどの処分費が高騰し、一部に不法投棄などの問題も出ていたこと

から、リサイクル料金をあらかじめ自動車の所有者に負担してもらうことによって、

リサイクルをシステム化する制度が整備されたものです。

このリサイクル法関連費用としては、情報管理料金、資金管理料金といった事務手続き

上の管理費のほか、エアコンなどに使われ地球温暖化の原因となるフロン類回収料金、

その他処理が特殊なエアバッグ類処理料金、シュレッダーダスト処理料金が含まれて

おり、それぞれメーカー、車種ごとに設定されています。

リサイクル料金を支払うタイミングは、新車購入時、車検時、廃車時のいずれかとなり、

必ずしも販売店に支払わなくてもよい場合もありますが、2005年1月1日以降購入した

新車についてはリサイクル料金前払い制度が設けられており、購入時に預託することと

されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。