購入に時にチェックする費用のこと

自動車を所有する場合、自家用でも商用でも、必ず必要なのが車の保管場所の車庫証明

です。

この取得義務は自動車の保管場所の確保等に関する法律で定められています。

軽自動車の場合は、その限りでなく、国の法律でなく、各都道府県の条例として定めて

おり、車庫証明が必要な都府県と不要な道県があります。

この車庫証明なくして、新規登録や名義変更はできません。

ナンバー登録もできないということです。

それには、管轄所管の警察署発行の車庫証明、正式名自動車保管場所証明書が必要です。

一般的に、ディーラーや中古車販売店などでは、この証明書の取得代行を行っています。

無論、車庫証明費用がかかることは言うまでもありません。

額は業者により様々ですが、業者と同一市区町村や隣接市区町村であれば1万円台後半、

遠方であれば2万円を超える場合も多々あります。

しかし、自分で行えば、警察署で支払う登録費用しかかかりません。

自治体によりその額は異なりますが、3000円程度と思っていればよいでしょう。

まずは、自分で所管の警察署に赴き、自動車保管場所証明書を受け取ります。

次にそれに必要事項を記載し捺印して、所定の費用とともに収めるだけです。

また昨今では電子申請を導入している都府県もあります。

記載内容には所有予定の車のサイズと保管場所の間取りを記載します。

提出すると、車庫証明発行期日までに、警官が測量に来ます。

嘘偽りがなくば、順当に期日に警察署に受け取りに行くだけです。

証明書は、陸運局に提出します。

また、警察署からは同時に車庫証明シールも発行されますので、それを車の所定場所

に貼ります。

これで終了です。

コメント

コメントを受け付けておりません。